資産運用のプロ・ファイナンシャルプランナーになるためには

FPとして実際に仕事をするためには、資格試験に合格しなければなりません。
国家検定であるFPになるためにまずは、資格取得スクールや専門学校などの講座を受講するのが一般的です。
スクールで基礎をはじめとしたカリキュラムを受講することで、
就職・転職、そしてスキルアップに活かすことのできる技術を身に着ける事ができます。
もちろん、勉強するだけではFPにはなれませんが、スクールなどで学ぶことにより資格検定に向けた専門性と実務能力をしっかりと身に着けられるのです。

FPにはさまざまな資格があります。
まず3級FPはスクールなどで学んだ経験のない方、FPに興味がある方など誰でも受験することのできる資格です。
資産運用についての基礎中の基礎を修得することで日常生活に役立つ知識が身に付きます。
しかし、この資格ではプロのFPとして働くことができないので、あくまでもFPへの登竜門敵なものだと理解して下さい。
そして次に2級FP・AFP。この資格はビジネスレベルであり、FPとして仕事をされる方に必要なものです。
次にCFPですが、2級FP・AFPよりも難易度の高い資格検定を突破することで、
FPとして独立開業を考えている方や国際的に活躍したいと考えている方にピッタリなものです。
国際認定資格であるため、幅広い可能性が広がります。
そして最後に1級FP。この資格はFPの最高峰の国家資格であり、かなり難易度が高いためある程度経験を積んだ方でないと合格は難しいでしょう。

スクールに通い即戦力になる力を身に着けると共に、資格を取得することでスキルアップに繋げる事ができます。

FP試験に独学で合格するための勉強法はこちらをご参考に。
fp試験を独学で.net/