ファイナンシャルプランナー資格試験って難しいの!?

資産運用のプロであるFPの資格試験には難易度の低いものから高いものまで幾つか種類があります。
もちろん、就職や転職に有利なのは難易度の高い2級FP技能資格からと言えるでしょう。
FPの資格試験で最も難易度が高いのは、国家資格である「FP技能検定」です。
3級から1級までありますが、その中で一番難しいのが「1級FP技能検定」です。
それぞれ受検資格があり、その条件を満たしている方のみ受検することが可能です。
3級FP技能検定・・・(1)既にFP業務に従事しているまたは従事しようとしている
2級FP技能検定・・・(1)AFP〈アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー〉認定研修を終了している
          (2)3級FP技能検定に合格している
          (3)FPとして実務経験が2年ある ※(1)~(3)のいずれかに該当していればOKです
1級FP技能検定・・・FP最高峰の国家資格であり、難易度が非常に高いとされています。
          受検資格に関しては、日本FP協会公式ウェブサイトにて公表していますのでチェックしてみて下さい。

FPに限らず、国家試験はどれも難しく難易度が高いものばかりです。
しかし、自分の夢のためだと思えばどんなに難しくてもきっと頑張れるでしょう。
ただ、自分1人で勉強するにはやはり限界があるかと思います。
そこで多くの方が利用しているのがFP資格合格のためのカリキュラムが整ったスクールです。
全てのスクールが同じとは言えませんが、日本FP協会の認定研修講座ならば、
カリキュラムを受講し、修了することで「2級FP技能士検定試験」を受検する事ができます。